親なんてだいっ嫌い!だから、どうする?


by roba-no-mimi-ana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

遠足の前の日!

遠足って、どうしてあんなにわくわくするんだろう~!
早く寝なくっちゃと思えば思うほど、目が冴えちゃう(笑)

興奮しちゃうのかな?
明日、晴れて欲しいな、
なんだか、わからないけど、楽しみ~~!!
そんな気持ちだったかな~!

でも、大人になってみると、なんとなくわかるな。


だって、親と一緒にどこにでもいける現代!!
遠足の場所よりも、家族との旅行の方がゴージャスだし
刺激的かもしれない。

でもね・・遠足は、家族といかないのが魅力的!
自分で、リュックを背負っていくの。
そして、自分の足で歩いて・・
敷物も自分で敷いて、お弁当箱をあけて・・

水筒があかないよ~!なんていう子も
必死で、こぼさないようにお弁当を並べる子も!!

ドキドキを抱えながら、
お弁当のふたをあけて・・にっこり♪

いつも食べているごはんとは違うんだよね~!
それはやっぱり愛情がこもってるからかな~~!!

わざわざ早起きして作ってくれるお弁当!!
これだけで、おかあさんありがとうって思えるよね。

毎日、3食のごはんをつくってくれるお母さんって
愛情がなくっちゃできないだろうなって今は思えるよ。

こどもの時には気づかなかったけどね。

こうやって「自分でできたよ。」
「ちゃんと、リュックにしまえたよ。」なんて
お母さん達に報告したりして・・

ちょっと大きくなった気がしたりするんだろうな~!

少しの自信!でも、それで大満足!!
だって・・始めての経験だものね。

ひとつひとつ・・どきどきしながら体験するんだよね。
きっと勇気がいるよね。

大人にとっては、たいしたことないけど・・
でも、こどもにとっては、大冒険!!

そして、それを聞いてもらいたいだけなんだろうな~!
「そう!よかったね~~~!」笑顔で
そういってもらえたら、それで十分だよね。

そうしたら、また次に進んでいける。
きっと、そうなんじゃないかな?って私は思うんだ~!
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-30 22:29
私は走るのが遅くってね・・
いつも、運動会は大嫌いだったの。^^

「雨ふれ!雨ふれ!」っていつも願ってた(笑)

でも、いつも晴れ(笑)


そして・・頑張るんだけど・・
結果は・・3等とか4等とか・・^^;

だから、運動会は嫌いだった・・


だって、いいところ見せたいものね。

今、息子がね
「運動会いやだ!」って言ってたの。

やっぱり走るのは速いほうじゃない・・
でもね・・

走るのは得意じゃなくても、音楽は得意!!
息子はフルートを吹いてるの。それでいいじゃない^^

運動会は、お祭りみたいなもの!!
みんなでさわいで、大声出して・・
楽しければ、それが一番♪

「ま~ね!」と行ってでかけていった。

結果は、3人中2位だったらしいけど・・
それでも、「楽しかった~」って帰ってきた(笑)

それで十分だよね~~~!!

いやな事も終わったときには楽しいことになってる。
だって、友達と一緒にいれば、大体楽しいのよ(笑)


そんなもの・・
自分が楽しいのが一番!!

「あ~やだやだ・・」って言ってたら・・
聞いている人もいやな気持ちになるかもしれない。

大体・・「絶対転ばないように!転ばないように!」なんて
思ってると転んだりするでしょう~(笑)

それなら・・ま、ほどほどに・・くらいがいいみたい^^
肩の力を抜いてみて~~!!

ひとつひとつのことが、楽にできるようになるかもしれないよ。^^

なんて・・今だから言えるのかな?
aru ♪ばあちゃんでした(笑
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-28 10:24

反抗期!!

「やだやだ~~~!!」

「うるさいな~~~!!」

成長の過程にある、大切な反抗期!!
反抗期がきたら・・

「おっと、自立にむけて奮闘中だな(笑)」と思えたら
こどもも親も楽だろうな・・・

でも、そうは思えないのが親子だよね。

「ほんと、うちのおやってうるさいよ・・」

そんな話をよく聞くよ。

確かにそうなんだろうね・・
言われたくないことたくさん、あるよね。

やろうと思ってたのに・・・
これも日常茶飯事でしょう。


親がどうしてこう、口うるさいと思う??
信じられないかもしれないけど・・
それは、愛してるからだと私は思うんだ~。

愛してるから、心配なの。
愛しているから、しあわせになってもらいたいの・・

本当なら、じゃ、口うるさくするかわりに
見守ってあげたらいいんじゃない?と思うでしょう。

でも・・それがなかなか難しい・・・

仕事から疲れてかえってくる。
さ、座るまもなく夕飯を作って・・お風呂を沸かして・・
あ、洗濯物も取り入れなくっちゃ!!

そんな中、こどもは・・テレビをみている。

「手伝って」の声に

「え~~~~~!やだ~~!!」
これだけで、プチン!と頭にきちゃう。


疲れているの・・
多分、お母さんもお父さんも同じようにいたわって欲しいのだと思う。

やさしいことばをかけて欲しいし・・
がんばってるねって認めて欲しい・・

だって、本当に頑張っているのよ・・


反抗期の間は、思いっきりやっちゃっていいよ(笑)
それを乗り越えるのが成長の証だから・・

そして、それを見守るのが親の務めだから・・

でもね・・もしも素直になりたいことがあったら・・
素直に、「いつもありがとう」って言ってみて!

きっと・・・なにかが変わるから・・
ほんとよ。

私はそう思ってるの・・
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-25 22:58

私なんて・・・

私なんて・・だめなんだ。
私なんて・・きっとできないに決まってる。
私なんて・・つまらない人間だわ・・


そう思ってるとどうなるか知ってる?

そういう人になっていくんだって・・

じゃ、どうすればいいとおもう?

「私には、いいところがある。」

「私は、これができる。」

「私は・・・・」

こう思うだけで・・自分に自信がついてくるって・・


でも、難しいよね。
いやなことがあったとき・・
親に怒られたとき・・
失敗をしたとき・・

そんな風には思えない。

否定される事もあるかもしれない。
頭から、話を聞いてもらえない事もあるかもしれない。

でも・・あなたがどんな人かは・・
あなたが決めるのよ。

親が決めるんじゃない。
回りが決めるんじゃない。
他人が決めるんじゃない・・

あなたが自分で決めるの。

苦しい時は、愚痴っていいよ。
泣いてもいい。

そして、少し元気になったら考えてみて!
待ってるね。いつでも、待ってる!!
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-23 23:04

つまらない・・

なんだか、つまらない・・
毎日が単調で、おもしろいことなんてなんにもない。

友達としゃべってても楽しくないし、
勉強なんて大っ嫌い!!
部活もきついだけ・・

なんで、こうなんだろう・・


そう思ったのはいつだろう。

つまらない!つまらない!
面倒くさい!!
この先、楽しいことなんてあるのかな~!

毎日、テレビ見て、パソコンして・・
漫画読んで・・・あ~、つまんない!


それがしあわせだったなって思ったのは
大人になってからだよ。

なにもないのは、しあわせなこと・・
元気なのは、うれしいこと・・
自由に過ごせるのは、わくわくすること・・

大人になるとわかるよ。
だから、今は、思いのままに・・

それが普通の時には思わないよ。
刺激を求めて・・もっとすごい出来事を求めて・・
わくわくする出会いを求めるものね。

つまらないかもしれないけど・・
でも、不幸じゃない。


いつか、気づくよ。
そのときに、楽しめばいいよ。

背伸びしなくても、つまらなくても・・
それでいいよ。

ありのままでいこうよ。
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-21 22:09

いい子ってつらい・・

どうして、いい子じゃないといけないんだろう。

私は、勉強なんてやりたくないよ。
私は、いう事なんて聞きたくない。

でも、いい子でいなくちゃって思うのはどうして?

いい子じゃないと叱られるから?
それとも、おかあさんの悲しい顔みたくないから?
お母さん達に喜んでほしいから?

あるとき、ばかみたい!って思った。
それがはじまり・・

うそをついて、いい子を演じて・・
たまるのは、罪悪感ばかり。

つかれるよ。いい子も悪い子も・・
ありのままでいたい・・

それだけなんだけどな・・・・


aru ♪ばあちゃん、回想録!^^;
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-21 11:25

親なんてだいっきらい!

何歳くらいのこどもたちが、そう思うんだろう?

それは、どうしてだろう?

ここでは、こどもからみた話、書いてみたいと思う。

親も大変だけど・・こどもも苦労している。

でもね、考え方ひとつだと思うんだ。

きっと、道は開けていくはず!!


これから、少しずつ書いていくね。

あきらめないで!!
大丈夫だから。

あなたは、ひとりじゃないよ!!!^^

aru ♪ばあちゃんより(笑)
[PR]
# by roba-no-mimi-ana | 2006-05-21 11:00